TOPへ

物流アウトソーシングの

トータルソリューションカンパニー

「Keep&Carry」アウトソーシングのメリット

コストの「見える化」「削減」

物流においては、諸経費に隠れた物流コストが多々あります。部分的、または一元的なアウトソーシングにより明確となった物流コストは、削減対象として検討することが可能です。

人材・環境による精度と品質

これまでの様々なクライアントとの取引や、多種多様な商品管理により蓄積した物流ノウハウから、実施実績の豊富なシステムとして構築しており、快適な環境をご提供いたします。

質の高いサービスの提供

『サービスの質』を分けるポイントは大きく「出荷」「在庫管理」「検品」だと考えております。経験を生かした独自の検品制度・管理制度と、高い出荷精度が当社のサービスの質です。

中立性・公平性の確保

物流は企業によって管理体制や検品・出荷などの体制が異なり、主観的になることが多いのが現状です。外注化によって管理や棚卸の制度を向上し、客観的な第三者目線による在庫管理が実現します。

コストの外部化・変動費化

売上と物流コストは比例していくものです。販売数、在庫数の増減に伴い、物流コストも同様に増減します。比例変動するコストを外部化することで、変動費化に対応しコスト削減に繋げることが可能です。

コア業務への集中

物流関連業務は本来の経営に対して副属的な要素となり直接的な生産をもたらすものではありません。貴重な経営資源であるヒト・モノ・カネをコア業務に集中させることで生産性の向上に繋がります。

ウチダフレイトは「物流」「在庫管理」のこんなニーズに答えます!

CASE1

自社の倉庫で対応できない!
  • 生産数が増加したため、保管スペースが不足している。
  • 短納期の商材が増え、社内リソースが追い付かない。
  • 社内に対応できる人員を雇えず、人手不足になっている。
  • 新商品や在庫増加に対する社内設備がない。
  • その他、自社倉庫で対応できない理由がある。

CASE2

物流コストを削減したい!
  • 管理・作業スタッフの確保によるの人件費が高い。
  • 内製管理の効率が悪く、人件費が余計にかかっている。
  • 輸送コストを外部化・一元化してコストを抑えたい。
  • 在庫商品幅が広く、設備を整えるコストが高い。
  • 物流コストの削減の提案をしてほしい。

CASE3

どうしていいのかわからない...
  • 自社にノウハウが少なく、適正な設備がわからない。
  • 経験豊富な人材がいないため、適正な人材確保ができない。
  • 在庫管理において、どの程度のスペースと管理体制が必要か。
  • 生産コスト・売上に対して適正な物流コストがわからない。
  • 現状の体制をよくするための提案をしてほしい。

料金について

各企業様ごとに課題点・お困りごとは異なり、ご導入いただくサービス形態も様々です。

当社では、現在のご状況を綿密にヒアリングさせていただき、それぞれのお客様に合わせたお見積りをご用意いたします。

業務効率化、生産率向上。コスト削減に繋げていくために適正料金を提示いたします。

業務の流れ -入荷から出荷まで-

01 入荷
入荷においてはお客様のご状況に応じた、様々な入荷スタイルに対応しております。
路線入荷~コンテナ

02 検品
検品の抜け漏れをなくすための当社独自の検品制度により、精度の高い検品を行います。
数量・外装不良・水濡れチェック

03 保管
商材や在庫ジャンルに合わせ、複数の倉庫を活用しロケーション管理の体制をとっております。
定位、定品、定量、安心・安全な保管

04 配送手配
小口出荷からトレーラーでの配送まで、在庫数や商品ジャンルに合わせて対応いたします。
定位、定品、定量、安心・安全な保管

05 出荷
事前のヒアリングや打合せにより、お客様のニーズに合わせた出荷サービスを提供いたします。
出荷検品・アソート出荷

物流のコストダウンやフロー改善をご検討中の企業様へ

当社はお客様の物流の「課題解決」「生産性向上」「コスト削減」という視点で物流のアウトソーシングを請け負うトータルソリューションカンパニーです。

企業によって異なる物流の問題点や課題を解決すべく、お客様の状況に合わせたご提案を差し上げます。

70余年の経験と実績に基づき物流クライシスにお答えいたします。

ウチダフレイトの企業理念

ウチダフレイトは、

常に物流の高度化と革新を図り

顧客の立場に立った最良のサービスを提供し

人材開発・事業開発・市場開発を行い

生活者を主体とした 新たな事業創造に挑戦し続け

地域社会が夢や希望をもてる 豊かな社会の実現に貢献します。